アロ~ハ☆
今日も元気なデルぽんで~す☆

あせもシリーズ第三段。
成り立ち、予防法、ときて今回は汗疹になってしまった場合の対策についてです!

どうぞ~~~



406ase



あせもはほっとくと(特に小児の場合)かきこわし~からのトビヒ~そして全身へ。。
という魔のサイクルに陥らないとも限らない。

なので、痒みがありかきこわしてしまう場合は
早めの受診と適切な治療が大事です☆


逆にぜんぜん痒くないで小さい赤ポチがプツプツしてるだけの場合、
汗をかかない環境づくり・汗を溜めない工夫で自然に治ることも。

いずれにしても、
●あせもの予防対策(⇒あせも②
●適切な肌ケア
をすることは大事~☆


適切な肌ケアとは?
これは汗疹以外にも大事な皮膚科の基本ですが

●爪を短く切って、かかないよう注意する
●毎日、清潔に(お風呂)
●保湿(とくに乾燥肌のひと)

をすること。


夏場は汗をかくから、肌がしっとりしますね。

健康な肌のひとはよいですが、
アトピー性皮膚炎・乾燥肌のひとは夏でも保湿をしよう★

乾燥しやすいひとの肌の表面は夏でも乱れがち。
保湿剤を全体に塗って、皮膚を保護しよう!

保湿剤は何を塗るかよりも、
しっかりたっぷり毎日塗れたかのほうが大事です。
※でも、できれば余分な成分(香料とか食物蛋白とか)が入ってないほうがよい~

夏場は汗ばむのでローションタイプの保湿剤が塗りやすいかとおもいま~す☆
でも使いやすいものが一番です!


爪切ってかかないのは皮膚科の基本★
むしろ痒いようなら、きちんと治療を!

おいでませ皮膚科。
でわね!バーイ☆



人気ブログランキングへ
  

予防・肌ケア・治療どれも大事~☆

読者登録で漫画をお届け☆

LINETwitterFacebook