アロ~ハ☆
今日も元気なデルぽんで~す☆

こないだ外来をやってたら、
オリジナリティ溢れる?自己処置をしてきたひとがいたので漫画にしたよ〜!

どうぞ〜〜!!


622sou


絆創膏とかはよく見るけど皮膚に直接セロテープ貼ってきた人は初めてだ!

(ラップはたま〜にいるある)

膿が服に着かないように?とおそらく工夫を凝らした結果なのかと思われるが、この処置がいただけない理由は主に二つ。

その一。
浸出液を全く吸わないラップで排膿中の創部が蓋をされた状態。
→どんどん増える!膿と細菌!ヤバし!感染悪化

そのニ。
セロテープは肌に貼るものではない、、、
→カブレ、蒸れによる肌荒れ


じゃあ傷はどうすればいいの?!とお困りのアナタ。

一番良いのはやっぱりガーゼ。
浸出液(傷からでる汁)や膿の量に応じて厚めにガーゼを当て、医療用のテープで止めるのがベスト。
そして汚れる度に替える。
もちろん、早めの受診が前提です☆

絆創膏は申し訳程度の薄いガーゼしかついてないので、貼ってすぐに染みてくるような傷には向きません。

ラップは?黄色(白)く汚れた膿が出るような傷には絶対ダメ!
時間の経つほど悪化の一途間違いなしです


正直一晩の応急処置程度なら何をしても(翌朝受診してくれれば)そこまでの悪影響はないと思われるがいちおうガーゼがよいよ!というお話でした〜!

でわね!バーイ☆


人気ブログランキングへ
  

ラップ貼ると痛みが減る(保護)のよね…

読者登録で漫画をお届け☆

LINETwitterFacebook