おはちゃうす☆ 今日はTシャツが寒いデルぽんだよー☆
さいきん暑かったのに今日は寒い!!

今日も、デル日は皮膚科医のさりげない日常を、垂れ流していくよっ!

今日のデル日は…学生時代の思い出編。

採血実習の思い出、でーす☆

どうぞ〜〜↓

image


医歯看護のみなさん。採血の実習は、ありましたか?!学生のみなさんは、これからかな?

デルぽんは3年生の生理の授業の一貫で採血の実習を、したよ☆

他にはエコーとか心電図とかも取った気がするけどよく覚えてないの!(昔だから☆)


さて。
医師・看護師はいつ医療行為の練習をしているのだろう、と一般の皆様はお思いかもしれませんね…


あくまでデルぽんのいた医学部の場合、採血実習というのは後にも先にもこれっきりで。

実際は、研修医として実践に出てからだんだんと慣れていった感じだよ。
※というか、採血は看護師さんのほうがやる機会がおおいよ!(病棟など)

あとは自分らの健康診断の時にお互い同僚から取り合ったり。
上司や看護師さんから頼まれて取ったり(健診の本人のぶんを)。

点滴もふくめ、いろんな血管と出会い、
切磋琢磨しながら少しずつ技術をみがいていったかんじだよ…!!!


時には失敗し。時には挫折して交代し。
試行錯誤を繰り返し、私達は大人になっていく…。


デルぽんのいた大学病院では、患者さんの苦痛を考慮し、3回失敗したらそれ以上やらずに手をかえること(つまり交代する)ということに、なっていました。

とはいえ、研修医としても失敗は嫌なもの。
なるべく、一発で成功させたい。


というわけで、デルぽんはよく自分の左腕を駆血して右手で左前腕の血管にサーフロ(点滴針)をぶっ刺して練習してました☆

あとは、優しい上司の先生が、練習台になってくれたよ☆ (ありがとうY先生!!)


まあ、そんなことをしなくても、研修医生活、嫌と言うほど点滴・採血をする機会はごまんとあります。
そのうちスーパーテクが身についていくはずだよ☆


ちなみに手技というものは、やらないと鈍っていくもので。
デルぽん正直さいきんはもう点滴も自分じゃやらないので、難しい血管は刺せるかあやうい…。


もうね、そんなもんです。
寂しい…。


ちなみにこの血管迷走神経反射というのは、緊張状態にあるとなりやすく。
また、血管の周りを神経が走っているため、採血などの刺激で失神することが、あるよ☆
ほんとにお星様が見えた!!


そんなこんなで。
デルぽんが学生時代に星を見た思い出と手技の切磋琢磨についてのお話でしたーん☆

またね!バーイ!!
(ガチャン!ツー ツー ツー…)




LINEで更新通知が受け取れるよ~☆★☆


医療突っ込み大歓迎☆日常垂れ流し垢☆


じわじわきてる☆デル日Facebookページ☆